FC2ブログ

talkin'2 myself/decision

今、君に伝えたくて 光を集めて 心に描く想いは きっと幻じゃなくて 強がりじゃなくて 僕らをつなぐ…

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ぶちょおとホタルの関係を揺るがす新キャラ登場!!

2011年10月26日
ぶちょおとホタルの関係を揺るがす新キャラ登場!!


今回の劇場版では、ぶちょおとホタルをはじめとする、いつものメンバーに加え、旅先のローマでは、イタリア在住の謎の“干物女”莉央と、ピュアで天然すぎる莉央の弟・優も加わり、ドタバタ度が倍増!!

やがてホタルたちは大きな事件へと巻きこまれてゆき…。

花嫁姿のホタルが、事件?解決にイタリアを颯爽と駆け抜けます!!



その新キャラを演じるのは、莉央役に松雪泰子さん、その弟の優役に手越祐也さん!

なっ、なんて、すごい豪華なキャスト陣でしょう!! 映画の公開が本当に待ち遠し~~~い!!



松雪さん、手越さん、お二人からコメントが届きました!



■松雪泰子さん コメント

今回、私はイタリア版の干物女という役どころで、一見行動は同じかもしれないですけど、ホタルちゃんとはまた違うキャラクターです。人生のすべてを捨ててしまっていて、無気力で、ホタルとは違う意味での、やさぐれ感のあるイタリア版干物女をやらせて頂きました。

初参加だったので、イタリア版の干物女という役を新たに構築していくのは大変でしたが、作品が持つ、抜けのいい空気感と、イタリアの空気がとても合っていて,イタリア人スタッフも、本当に陽気でポジテイブな人達ばかりだったので、楽しく演じさせてもらいました。



■手越祐也さん コメント

ドラマシリーズ1、2と見ていて、リズム感もすごく好きでしたし、パート1のときは、なかなか男の気持ちに気付かないホタルにテレビの前でイラッとしたりとか、感情移入しながら見ていました。自分が視聴者として見ていた作品の世界観に、後から加わるという経験がなかったので、ホタルとぶちょおさんとの画に加わって一緒にお芝居できるのがすごく楽しみでした。現場の雰囲気も、こういう作品なのでスタッフさんも明るくて、イタリア人スタッフさんも明るくて。作品のままの現場だなという感じで、すごく親しみやすかったです





松雪&手越、映画「ホタルノ-」新キャラ
サンケイスポーツ 2011.10.26 05:04

gnj1110260510017-p1.jpg
映画版で新加入する松雪泰子(右)。松雪の出演で綾瀬はるか(左)の恋はどんな展開を見せる?
gnj1110260510017-p2.jpg
「ホタルノヒカリ」映画版で新加入する松雪泰子


 女優、松雪泰子(38)とNEWSの手越祐也(23)が映画「ホタルノヒカリ」(吉野洋監督、来年初夏公開)に出演することが25日、分かった。

 同作はグウタラ生活を満喫する“干物女”・ホタル(綾瀬はるか)の恋模様を描く人気ドラマシリーズの映画化で、高野部長(藤木直人)とローマでのドタバタの新婚旅行が描かれる。

 松雪はある出来事をきっかけに無気力になってしまった“イタリア版干物女”冴木莉央役で「役を構築していくのは大変でしたが、作品が持つ抜けのいい空気感とイタリアの空気がとても合っていて、楽しく演じさせてもらいました」とハマった様子。姉思いで天然な弟・冴木優役の手越はドラマ版の大ファンといい、「作品のままの現場だなという感じで、すごく親しみやすかったです」とゴキゲンだ。

 物語のカギを握る新キャラクターの2人とローマ・ロケを終えた綾瀬は「今まで以上に、みんなとのかけ合いを楽しむことができました」と喜んでいる。

(紙面から)



松雪泰子が“イタリア版干物女”…映画「ホタルノヒカリ」

 女優の松雪泰子(38)、NEWSの手越祐也(23)が映画「ホタルノヒカリ」(来夏公開)に出演することが25日、発表された。

 綾瀬はるか(26)と藤木直人(39)が出演する日テレ系人気ドラマの映画版で、ドラマで結婚した2人がイタリアに新婚旅行に行く物語。松雪と手越は映画版だけの特別キャラとして2人の関係を揺るがす。ローマロケにも参加し、撮影はこのほどクランクアップした。

 松雪は、ある大切なモノを失ったのを機に、イタリアで無気力な生活を過ごす“イタリア版干物女”役で「(綾瀬演じる)ホタルとは違う意味で、やさぐれ感のある干物女をやらせていただきました」とライバルに名乗り。一方、ホタルに心動かされる青年役の手越も「ドラマの作品のままの現場だなという感じで、親しみやすかった」とすっかり溶け込んでいる。

[2011/10/26-06:00 スポーツ報知]



「やさぐれ感」がいい 松雪泰子が“干物女”に

G20111026001894060_view.jpg
イタリアの干物女として映画「ホタルノヒカリ」にジャージー姿で出演する松雪泰子
Photo By 提供写真

 女優の松雪泰子(38)と「NEWS」手越祐也(23)が、来夏公開の映画「ホタルノヒカリ」(監督吉野洋)に出演している。

 綾瀬はるか(26)主演で07、10年に日本テレビで放送された人気ドラマの映画化。私生活ではグータラな“干物女”綾瀬が、新婚旅行先のイタリアで出会うのが松雪。日本で起きたショックな出来事から自暴自棄になったという設定。松雪は「やさぐれ感のあるイタリア版干物女をやらせていただいた」と綾瀬同様ジャージー姿で熱演した。手越は松雪の心優しい弟役。


[スポニチアネックス 2011年10月26日 07:39 ]



綾瀬はるか主演『ホタルノヒカリ』で四角関係勃発!!松雪泰子&NEWS手越がホタルとぶちょおの仲を脅かす!!
シネマトゥデイ 2011年10月26日 8時59分

N0036465_l.jpg
イタリア版干物女役で出演決定!松雪泰子-映画『ホタルノヒカリ』より
- (C) 「映画 ホタルノヒカリ」製作委員会

 [シネマトゥデイ映画ニュース] 2012年初夏に公開される綾瀬はるか主演の映画『ホタルノヒカリ』に、松雪泰子と人気アイドルグループNEWSの手越祐也が出演することがわかった。2007年に第1弾、2010年に第2弾が放送され、主人公を表した“干物女”という言葉がその年の流行語大賞にノミネートされるなど一大ムーブメントを引き起こしたテレビドラマ「ホタルノヒカリ」の劇場版となる本作では、イタリア・ローマを舞台に、ついに結婚した綾瀬演じる雨宮蛍と藤木直人演じる“ぶちょお”こと高野誠一の新婚旅行が描かれる。松雪は、イタリア版干物女・冴木莉央役、手越はその弟・優役で出演し、まさかの四角関係に! ホタルとぶちょおの仲を脅かすという。

 山田姐さん(板谷由夏)と二ツ木さん(安田顕)に部長の夢は「愛する人とローマの休日」だと聞き、ローマへと新婚旅行に出掛けるホタルとぶちょお。そこで出会う松雪演じる莉央は、ある出来事をきっかけに、大切なものをすべて失い、無気力&ネガティブに。わけあってイタリアで生活しているイタリア版干物女という役どころだ。突然弟にぶちょおをフィアンセだと紹介してしまうという。松雪は、今回演じた莉央について、「一見行動は同じかもしれないですけど、ホタルちゃんとはまた違うキャラクター」「人生のすべてを捨ててしまっていて、無気力で、ホタルとは違う意味での、やさぐれ感のあるイタリア版干物女」と説明。テレビドラマから続いてきた作品に映画から飛び込むのには苦労したようだが、「イタリア版の干物女という役を新たに構築していくのは大変でしたが、作品が持つ、抜けのいい空気感と、イタリアの空気がとても合っていて、イタリア人スタッフも、本当に陽気でポジテイブな人たちばかりだったので、楽しく演じさせてもらいました」と撮影を振り返っている。

 一方、松雪演じる莉央の弟でピュアで天然すぎる青年・優は、飛行機で偶然隣り合わせたホタルと意気投合していくことになる。演じた手越は、「ドラマシリーズ1、2と見ていて、リズム感もすごく好きでしたし、パート1のときは、なかなか男の気持ちに気付かないホタルにテレビの前でイラッとしたりとか、感情移入しながら見ていました。自分が視聴者として見ていた作品の世界観に、後から加わるという経験がなかったので、ホタルとぶちょおさんとの画に加わって一緒にお芝居できるのがすごく楽しみでした」とドラマのファンであったことを告白。「現場の雰囲気も、こういう作品なのでスタッフさんも明るくて、イタリア人スタッフさんも明るくて。作品のままの現場だなという感じで、すごく親しみやすかったです」と撮影現場の様子を明かしている。

 女性漫画雑誌「Kiss」に連載されたひうらさとるの同名漫画が原作の「ホタルノヒカリ」。映画化にあたっては、テレビドラマ版から引き続き吉野洋が監督を、水橋文美江が脚本を務め、イタリアロケを敢行。往年の名作『ローマの休日』さながらローマの街を駆け巡った。職場ではきっちりOLなのに、プライベートではだらだらと生活し、男っ気がまったくない主人公の蛍が、ひょんなことから同じ職場の高野部長と一軒家で同居生活を送ることになり、恋心を取り戻していったホタル。せっかくの新婚旅行だというのに現れた莉央と優という強力なライバルに、ホタルとぶちょおはどう立ち向かうのか? すでに16日にクランクアップを迎えた本作は、来年初夏の公開を目指して編集作業を行っていく予定だ。(編集部・島村幸恵)

映画『ホタルノヒカリ』は2012年初夏公開予定



松雪泰子が“イタリア版干物女”役 映画『ホタルノヒカリ』に手越祐也と出演
オリコン 2011年10月26日 09時16分

2003102_201110260184615001319594221c.jpg
映画『ホタルノヒカリ』に出演する松雪泰子。イタリアでも干物女はジャージ姿なんですね 
(C)「映画 ホタルノヒカリ」製作委員会

 綾瀬はるか主演で映画化される『ホタルノヒカリ』(吉野洋監督、2012年初夏公開)に、女優の松雪泰子、NEWSの手越祐也が出演することがわかった。綾瀬演じる雨宮蛍と高野ぶちょぉ(藤木直人)の新婚旅行がメインイベントとなる同作。旅先のローマで遭遇する謎の“干物女” 冴木莉央役の松雪、莉央の弟で、姉に会うために乗ったイタリア行きの飛行機でホタルたちと出会うピュアで心優しい青年・冴木優役の手越が加わり、物語のドタバタ度は倍増。愛を深めるはずの新婚旅行で、まさかの四角関係が勃発する。

 “イタリア版干物女”を演じた松雪は「一見行動は同じかもしれないですけど、ホタルちゃんとはまた違うキャラクターです。人生のすべてを捨ててしまっていて、無気力で、ホタルとは違う意味での、やさぐれ感のあるイタリア版干物女をやらせて頂きました」。ドラマシリーズを通じても初登場の新たなキャラクターを作り上げるのは簡単ではなかったようだが、「作品が持つ、抜けのいい空気感と、イタリアの空気がとても合っていて、イタリア人スタッフも、本当に陽気でポジテイブな人たちばかりだったので、楽しく演じさせてもらいました」とイタリアロケを振り返った。

 一方の手越は「ドラマシリーズを観ていて、リズム感もすごく好きでしたし、パート1の時は、なかなか男の気持ちに気付かないホタルにテレビの前でイラッとしたり、感情移入しながら見ていました。自分が視聴者として観ていた作品の世界観に、後から加わるという経験がなかったので、ホタルとぶちょおさんに加わって一緒にお芝居できるのがすごく楽しみでした」と語る。綾瀬演じるホタルとの“天然キャラ”対決も見どころになりそうだ。

 同作は、恋愛するより家で寝ていたい、職場ではきっちりOLなのにプライベートはだらだら生活、男っ気はまったくなく、休日はほとんど寝て過ごし、高校時代のジャージーを着て寝転がり缶ビールを飲むという、ぐうたら生活を満喫していた“干物女”の恋愛を描いた、ひうらさとるの同名コミックが原作。

 2007年7月より日本テレビ系で放送され、平均視聴率13.7%、最高視聴率17.3%(ビデオリサーチ社調べ、関東地区)という好視聴率を獲得。綾瀬演じる干物女・雨宮蛍の性格・生活スタイルに共感する女性達の間で、非常に高い人気を誇り、「干物女」という言葉は、同年の流行語大賞にノミネートされる等、社会現象にもなった。2010年7月には続編ドラマ『ホタルノヒカリ2』が放送され、パート1を上回る平均視聴率15.5%、最高視聴率17.4%(同)を記録した。

 映画では、ドラマ・パート2で高野部長との「結婚」というハッピーエンドを迎えてから2年後。部長の夢は「愛する人とローマの休日」と聞いたホタルは、新婚旅行でローマに行く事を決意。プライベート初の海外旅行のドタバタ珍道中を描く。



松雪泰子 :イタリア版“干物女”役で出演 蛍とぶちょおの仲を脅かす 映画「ホタルノヒカリ」 
2011年10月26日

20111026dog00m200002000c_450.jpg
映画「ホタルノヒカリ」でイタリア版の“干物女”を演じる松雪泰子さん 
(C)「映画ホタルノヒカリ」製作委員会

 「恋愛より家でごろ寝」という“干物女”を女優の綾瀬はるかさんが演じ、話題になったドラマの続編を描いた映画「ホタルノヒカリ」(吉野洋監督)の追加キャストが発表され、松雪泰子さんとアイドルグループ「NEWS」の手越祐也さんが出演することが26日、明らかになった。映画版では、イタリア・ローマへ新婚旅行に行った主人公・雨宮蛍(綾瀬さん)と、“ぶちょお”こと高野部長(藤木直人さん)の珍道中を描いているが、松雪さんはイタリア在住の“干物女”・冴木莉央を演じ、手越さんは莉央の弟・優を演じる。莉央はひょんなことから蛍たちとイタリアで出会い、新婚の2人の仲を脅かす役柄として登場する。

 「ホタルノヒカリ」は、ひうらさとるさんが女性向けマンガ誌「Kiss」(講談社)に連載していたマンガが原作。20代で恋愛を放棄し、休日は高校時代のジャージーを着て、ごろ寝しながら缶ビールを飲むというぐうたら生活を送る“干物女”の雨宮蛍(綾瀬さん)が、ひょんなことから上司の高野部長(藤木さん)と同居することになってしまう……というコメディードラマ。07年7~9月に放送されたパート1では、蛍が忘れていた恋心を取り戻すまでを放送し、平均視聴率13.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)、最高視聴率17.3%を記録。10年7~9月に放送されたパート2では、2人が結婚するまでを描き、平均視聴率15.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)、最高視聴率17.4%と前作を上回る高視聴率を記録した。

 松雪さん演じる莉央は、ある出来事をきっかけに、大切なものをすべて失ってしまった無気力でネガティブな女性という設定で、わけあってイタリアで生活するが、ひょんなことから蛍たちと遭遇。突然弟にぶちょおを自分のフィアンセと紹介してしまい、騒動を巻き起こすという役どころ。手越さんが演じる弟の優は日本から去ってしまった姉・莉央を追ってイタリアに訪れる心優しい青年で、イタリア行きの飛行機で偶然隣り合わせた蛍と意気投合し、次第に蛍に心動かされていくという設定。

 同作品に初参加の松雪さんは、「イタリア版の“干物女”で、ホタルとは違う意味での、やさぐれ感のある干物女をやらせていただきました。初参加で、“干物女”という役を新たに構築していくのは大変でしたが、作品が持つ、抜けのいい空気感と、イタリアの空気がとても合っていて、楽しく演じさせてもらいました」とコメント。手越さんは「自分が視聴者として見ていた作品の世界観に、後から加わるという経験がなかったので、ホタルとぶちょおさんとの“画”に加わって一緒にお芝居できるのがすごく楽しみでした。現場の雰囲気も、こういう作品なのでスタッフさんも明るくて、イタリア人スタッフさんも明るくて。作品のままの現場だなという感じで、すごく親しみやすかったです」とコメントを寄せている。映画は、12年夏に全国で公開予定。(毎日新聞デジタル



松雪泰子、映画版「ホタルノヒカリ」で“イタリア版干物女”に
2011年10月26日 14:05

matsuyuki64_large.jpg
イタリア版干物女を演じる松雪泰子
(C)「映画 ホタルノヒカリ」製作委員会

[映画.com ニュース] 女優の松雪泰子と「NEWS」の手越祐也が、綾瀬はるか主演「ホタルノヒカリ」(吉野洋監督)に出演していることがわかった。松雪が演じるのは、ある出来事をきっかけに大切なものをすべて失ってしまった冴木莉央。綾瀬扮するホタルに負けじと、“イタリア版干物女”に臨んだ。

2007年に放送されたドラマ「ホタルノヒカリ」は、ジャージ姿でくつろぐ生活スタイルが女性たちの大きな共感を呼んだ、綾瀬の連続ドラマ初主演作。レギュラーキャストだった藤木直人、板谷由夏、安田顕らも“続投”し、伊ローマを舞台にホタルとぶちょお(藤木)の新婚旅行をめぐるドタバタ劇が繰り広げられる。

松雪扮する莉央は、わけあってイタリアで生活するが、ひょんなことからホタルと遭遇し、弟(手越し)にぶちょおを自分のフィアンセと紹介してしまう役どころ。「初参加だったので、イタリア版の干物女という役を新たに構築していくのは大変でしたが、作品がもつ抜けのいい空気感と、イタリアの空気がとても合っていて、楽しく演じさせてもらいました」と振り返る。

日本を去った姉に会うためにイタリアを訪れる青年・冴木優を演じた、手越。ドラマ版のファンだったといい、「自分が視聴者としてみていた作品の世界観に、後から加わるという経験がなかったので、ホタルとぶちょおさんとの画に加わって一緒にお芝居できるのがすごく楽しみでした」。さらに、「現場の雰囲気も明るくて、作品のままの現場だなという感じで、すごく親しみやすかったです」とコメントを寄せた。

「ホタルノヒカリ」は、2012年初夏に全国で公開。

映画.com速報



『ホタルノヒカリ』松雪泰子がイタリア版干物女、手越祐也がピュアで天然すぎる青年で出演!
2011年10月26日 MovieWalker

20111026135609_00_400.jpg
『ホタルノヒカリ』でイタリア版干物女を演じる松雪泰子
[C]映画「ホタルノヒカリ」製作委員会

ひうらさとる原作の同名漫画を綾瀬はるか、藤木直人出演でテレビドラマ化し、人気を博した「ホタルノヒカリ」の映画化『ホタルノヒカリ』(2012年夏公開)に、松雪泰子と、NEWSの手越祐也が出演することがわかった。

松雪はイタリア版干物女の冴木莉央を、手越は莉央の弟で、ピュアで天然すぎる青年の冴木優を演じる。旅先のローマで謎の干物女・莉央と、ピュアで心優しい弟の優が加わり、ドタバタ度が倍増。莉央がぶちょお(藤木)と急接近する。対する優もホタル(綾瀬)と何やら意気投合して大盛り上がり。愛を深めるはずの新婚旅行で、まさかの四角関係が勃発か!? やがて、ホタルたちは大きな事件へと巻き込まれていく。

ある出来事をきっかけに大切なものを全て失ってしまい、無気力&ネガティブ干物女の莉央。ホタルとはまた違う意味での、やさぐれ感あるイタリア版干物女を演じる松雪は、自身の役柄について、「イタリア版の干物女という役どころで、一見行動は同じかもしれないですけど、ホタルちゃんとはまた違うキャラクターです」と紹介。「ホタルノヒカリ」シリーズには初参加となり、「イタリア版の干物女という役を新たに構築していくのは大変でしたが、作品が持つ抜けの良い空気感と、イタリアの空気がとても合っていて、イタリア人スタッフも本当に陽気でポジテイブな人たちばかりだったので、楽しく演じさせてもらいました」と振り返った。

手越は、日本から去ってしまった姉に会うために、イタリアに訪れた姉思いの心優しい青年という役どころ。ドラマ「ホタルノヒカリ」「ホタルノヒカリ2」の視聴者だったという手越は「パート1の時には、なかなか男の気持ちに気付かないホタルにテレビの前でイラッとしたりし、感情移入しながら見ていました」と明かし、「自分が視聴者として見ていた作品の世界観に、後から加わるという経験がなかったので、ホタルとぶちょおさんとの画に加わって一緒にお芝居できるのがすごく楽しみでした」と喜びを語った。

先日、干物女・ホタルとぶちょおの新婚旅行となるローマでのロケの快調ぶりが報告された本作。ローマでの風光明媚なロケーションは既報の通りだが、イタリアで最も美しく、天空の島として名高い街チヴィタ・ディ・バニョレージョでも、物語のクライマックスほか数々の重要なシーンが撮影され、10月16日に無事クランクアップを迎えている【Movie Walker】



映画『ホタルノヒカリ』新キャストに松雪&NEWS手越
ぴあ映画生活 10月26日(水)15時28分配信

綾瀬はるかと藤木直人の主演で映画化される『ホタルノヒカリ』に松雪泰子とNEWSの手越祐也が新キャストとして出演することが発表された。

8985.jpg
『ホタルノヒカリ』で“イタリア版干物女”を演じる松雪泰子

『ホタルノヒカリ』で“イタリア版干物女”を演じる松雪泰子本作は高視聴率を獲得し第2シリーズまで製作された人気ドラマの映画化で、恋愛よりも家でゴロゴロしている方が好きな“干物女”の蛍(綾瀬)が、上司の高野(藤木)と恋に落ち、結婚したふたりの2年後が描かれる。劇場版では、ふたりが新婚旅行で訪れるローマを舞台に、“イタリア版干物女”の松雪と、その弟(手越)が加わり、まさかの四角関係が勃発するかもしれない珍道中が繰り広げられるという。

ひょんなことから蛍と出会う謎の“干物女”として登場する松雪は、「人生のすべてを捨ててしまった、無気力で、ホタルとは違う意味での、やさぐれ感のある役」と話し、「初参加だったので、イタリア版の干物女という役を新たに構築していくのは大変でしたが、作品が持つ抜けのいい空気感と、イタリアの雰囲気がとても合っていて楽しく演じられた」とコメント。弟役の手越は「自分が視聴者として観ていた作品に、後から加わるという経験は初めてなので、“ホタル”と“ぶちょおさん”と一緒にお芝居できるのがすごく楽しみで、作品そのままの親しみやすい現場でした」とコメントを寄せている。

『ホタルノヒカリ』
2012年 初夏全国ロードショー



松雪泰子 映画「ホタルノヒカリ」出演決定!
STARDUST 2011年10月26日更新


松雪泰子が2012年初夏公開予定の映画「ホタルノヒカリ」に出演することが発表された。

同作は、「恋愛するなら家で寝てたい」一般的に、恋に仕事に華やかであろう20代の人生を、恋愛を半ば放棄してぐうたらに過ごす
「干物女」・雨宮蛍の恋愛模様を描き、2007年、2010年には日本テレビ系列で連続ドラマ化された人気作品。

2010年のパート2では蛍(綾瀬はるかさん)が、高野部長(藤木直人さん)と「結婚」というハッピーエンドを迎えたが、あれから2年。
憧れのローマへ新婚旅行へ行った2人は謎の“干物女”莉央(松雪泰子)と、ピュアで心優しい弟の優(手越祐也さん)と偶然出会い、まさかの四角関係が勃発!? やがてホタルたちは大きな事件へと巻きこまれてゆく。

ある出来事をきっかけに、“大切なもの”をすべて失ってしまった、無気力&ネガティブ“干物女”。 わけあってイタリアで生活するが、ひょんなことから、高野部長と接近することとなる冴木莉央を演じる松雪は「今回、私はイタリア版の干物女という役どころで、一見行動は同じかもしれないですけど、ホタルちゃんとはまた違うキャラクターです。人生のすべてを捨ててしまっていて、無気力で、ホタルとは違う 意味での、やさぐれ感のあるイタリア版干物女をやらせて頂きました。 初参加だったので、イタリア版の干物女という役を新たに構築していくのは大変でしたが、作品が持つ、 抜けのいい空気感と、イタリアの空気がとても合っていて,イタリア人スタッフも、本当に陽気でポジテ イブな人達ばかりだったので、楽しく演じさせてもらいました。」と語った。

映画「ホタルノヒカリ」は2012年初夏公開予定。
いったい蛍と部長、莉央と優の四角関係はどうなってしまうのか?
ぜひ、公開をお楽しみに!




あれ...手越本当に参加するの!!?
我想叫他賣來亂......
他...不適合暑・!明明是心機重的小孩
找田我還比較能接受XD

看到手越的截圖...(喜歡他的抱歉)
但他頂著一頭金髮加上長得一副うるさい顔
跟本劇的イメージ不符暑x>"<

不過我很期待松雪泰子版的魚干女
感覺應該和ホタル會很開心www
スポンサーサイト

| ホタルノヒカリ 映画 | 18:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ayucantabile.blog99.fc2.com/tb.php/379-4000b328

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。