FC2ブログ

talkin'2 myself/decision

今、君に伝えたくて 光を集めて 心に描く想いは きっと幻じゃなくて 強がりじゃなくて 僕らをつなぐ…

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2012年5月22日発売『25ansウエディング 大人婚vol.5』

カバーガール・インタビュー

女優・綾瀬はるかさんが語る花嫁の心境

最新作『映画 ホタルノヒカリ』で新婚の花嫁、ホタルを演じる綾瀬はるかさん。ほんわかしたムードと清楚な美貌で、「お嫁さんにしたい女優No.1」「女性が選ぶなりたい顔No.1」の2冠に輝いた彼女にご自身が考える結婚や理想の相手について本音で語っていただきました。

綾瀬はるかさんに一問一答! 動画インタビューもチェック!>>

撮影/中込一賀 ヘア&メイク/中野明海 スタイリスト/椎名直子 フラワー・コーディネイト/坂本ひろこ〈アルドアーズ〉 取材・文/井出千昌 撮影協力/EASE NY

_data

PROFILE●綾瀬はるかさん 
'85年、広島県生まれ。2012年は『あなたへ』(8月25日)、『映画 ひみつのアッコちゃん』(9月1日)が公開。2013年のNHK大河ドラマ『八重の桜』でも、主演が決定。ハッピーオーラ全開の『映画 ホタルノヒカリ』は2012年6月9日より全国東宝系で公開。 
 
★『映画 ホタルノヒカリ』公式サイトはこちら★   
 

綾瀬はるかさんに一問一答! 動画インタビューもチェック!>>






ザ・ウエディング


powered by 25ansウエディング
綾瀬はるかさんがウエディングドレス姿で登場!

 『映画 ホタルノヒカリ』の公開も近づき、この日は朝から夜10時まで、都内のスタジオに缶詰状態で撮影と取材に追われていた綾瀬さん。疲れているはずなのに、ライトの調整中に「こっそりあくびをしてしまいました」と自己申告して笑わせるなど、明るい人柄で周囲をなごませていました。 
 
「映画では、ウエディング・ドレスを着てローマの街を走るシーンがあるんです。軽くて扱いやすく、胸に大きなリボンがついたドレス。手作りだったので『リボン、どこにつける?』とみんなで相談しました。ホタルらしい、可愛いイメージになったと思います」 
 
実は今日のドレスも、映画を意識してリボンつながりでまとめてみました。
「白いドレスはシンプルさが魅力。ピンクのほうは大人っぽいけれど可愛いらしくて、後ろ姿も素敵ですね」  
 




























powered by 25ansウエディング
大切な人たちみんなが喜んでくれる。そんな結婚式が理想です

身体のラインが強調されないドレスが好みだという綾瀬さん。ご自身の結婚式では、どんなドレスを着たいと思うのか、うかがってみたところ…。
 「20代で結婚するなら、胸下から広がったような少女っぽいドレスがいいなと思っていましたが、今は35歳くらいまでに結婚できたらいいなと。でもそうすると、あまり少女っぽいのはちょっと…ですよね。考えてみます(笑)」 
 
では結婚式自体はどうでしょうか。
 「ウ~ン、あまり具体的に考えたことはないかも。だって、人前でふたりでって、なんだか恥ずかしくて(笑)。でも結婚式をするなら家族も友人も、大切な人たちが喜んでくれて、みんながハッピーで、楽しいねって言えるようなのがいいなと思います。それは20代でも30代でも、年齢はあまり関係ないのかなとも。相手によりますよね。相手の人が『やろうやろう♪』みたいなノリの人だったらやりたいかな。結婚式って楽しそうなんだもの。ドレスも着られるし、いろんな人に祝ってもらうのは、すごく素敵なことですよね」 
 


































powered by 25ansウエディング
辛い状況のなかにも楽しみを見いだせる人。それが「大人の女性」

ドラマ『ホタルノヒカリ』の放送開始は、今から5年前のこと。続編も合わせると、今回の映画で3作目となります。外ではバリバリに仕事をするのに、居候中(?)の「ぶちょお(部長)」の家では掃除もせずにビール片手にゴロゴロ。流行語にもなった干物女、雨宮蛍について、綾瀬さんはこう話します。 
 
「ホタルはダメダメなところもあるけれど、実はすごく大人なんです。自分にとって大事なことは何かをちゃんとわかっているし、生きていくうえでめんどくさいことを『ま、いっか』って流すところも、うまい生き方をしている人だなと。自分を解放して、ちゃんとバランスをとっている。そんな部分は、ホタルに学んだ気がします」
 
5年のあいだ、ホタルの成長に自分を重ねて、遠くなったり、近くなったりを繰り返してきた存在なのだそう。
「誰でもみんな、いろんなことを抱えてると思うんです。厳しい状況に直面することもあるけれど、それでも前向きに生きていく。日々のちっちゃなことをプラスにとらえて楽しく生活しようとする人はすごく大人だし、素敵ですよね。私もそんな人になりたいです」 
 


































powered by 25ansウエディング
日々の小さなことに笑い合えるような結婚生活が理想です!

女子は誰でも自分のすべてを受けとめてくれる「ぶちょお」のような人が現実にいたら、と思うはず。綾瀬さんはどうなのでしょうか。
「パート1ではホタルには憧れの彼がいて、彼の前では緊張して本当の自分が出せなくて、でも部長の前だと楽な自分がいて…。そういう部分は『わかるわかる!』と共感していました」 
 
もしもご自分が結婚するとしたら、やはりホタルのように、一緒にいて緊張しない人が理想?
「そうですね。やっぱり部長みたいに、しっかりと受け止めてくれる人がいいかもしれない。一緒にいて居心地がいいというだけではなくて、強い絆で結ばれている人。あとは面白い人がいいですね。家のなかに笑いが絶えないような。私の実家もそんな感じで、お母さんとか見てるとコントみたいなの。嘘がなくて、なんでも言い合って、いつもちっちゃなことで笑ったりとか、会話の多い家庭がいいです。家族以外の誰かと暮らしたことがないのでわからないけれど、ふたりでリビングで『ウェ?イ』みたいなのがいいな(笑)」 
 
最後に、綾瀬さんに「結婚とは?」と聞くと、「すごくハッピーなもの」という答えが返ってきました。
「日常的なものだから、朝起きてご飯つくって、働いて帰っての繰り返しだろうけど、家に帰ると誰かがいたりとか、家族ができるって、楽しさも2倍になりますよね。悲しみも2倍になるかもしれないけど、ウン、それでもやっぱりハッピーなものだと思います」  




































スポンサーサイト

| ホタルノヒカリ 映画 | 23:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ayucantabile.blog99.fc2.com/tb.php/439-f49fadfd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。